卵子の老化

卵子の老化は防げるか

卵子の老化は防げるか?

2012年にNHKの「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」で卵子老化について放送されて以降、卵子が老化するという当たり前なのに、多くの人が知らされていなかった事実が注目を集めています。

 卵子の老化は止められない

それと同時に、卵子の老化は防げるのかという疑問を抱く人も多いようですが、結論から言えば、防ぐことはできませんし、止めることもできません。

卵子が老化する最大の理由は「年齢」

精子が思春期以降毎日作られるのに対し、卵子は胎児の時に作られ、以降数は減リ続けます

卵子の数の減少について

精子は殆どが誕生したばかりですが、卵子の年齢は、女性の年齢+1歳です。

時間の経過を止められないのと同様に、老化も止めることはできないのです。

卵子が老化しても妊娠はできる

卵子が老化してくると妊娠できなくなると思っている人がいますが、そんなことはありません。

老化するとはいえ、そのスピードは緩やかであり、例えば20歳前後の女性が避妊しないで
排卵日の2日前に性交渉を持った場合の妊娠率は60%ですが、30代後半の女性だと
30%になる、 というように、妊娠率が加齢と共に低下してくるということです。

卵子の質の低下について

また、確かに若い方が妊娠しやすいのは事実ですが、卵子老化の状態には個人差がある上に、
妊娠する力は精子の状態、女性の体質、喫煙、疾患、セックスの頻度やタイミング等、
様々な要因にも左右されます

妊娠の可能性についてはとても複雑で、一つの条件だけで簡単に決まることではないのです。

 今すべきことは妊娠しやすい身体作り

卵子が老化したも妊娠できる

卵子の老化を遅らせることはできませんが、母体となる女性の身体の状態を少しでも妊娠しやすい状態にする努力は誰にでもできること。

生活習慣や食事、睡眠、運動、サプリメント等で理想的な生活を維持し、身体を健康に保つことは、そうでない場合よりもよいことは間違いないでしょう。

特に男女共に喫煙が妊娠に悪影響を与えるのは事実ですので、
妊娠したければ禁煙は必須です。卵子を老化させる原因

ただ、それ以外のことがどの程度、妊娠できるかどうかに関係しているかは、
医学的にまだ解明されていないことが殆どです。

卵子の老化に対抗するには、1日も早く妊娠するために努力することが何よりの方法です。

 ピニトール配合の新しいママ活サプリが話題

妊活がうまくいかない人は、ピニトールで生成される「カイロイノシトール」が
足りないと言われます。

葉酸に加えて、ピニトールは海外では既に広くママ活サプリとして利用されています。

ベジママはピニトール配合の妊活サプリメント。

材料のアイスプラントは徹底管理されており、製造は国内GMP認定工場。

もちろん葉酸も配合、放射性検査、残留農薬検査済み。

葉酸やマカで効果が実感できなかった方は、ピニトールを取り入れてみてはいかかでしょう。

全額返金保証で安心して始めることが出来ます。

卵子老化を若い世代へ知らせることが大切

卵子の老化を防ぐ方法は今のところ無いとされています。また、老化する程、妊娠が難しくなるのも事実ですが、妊娠できなくなるというわけでもありません。

など、妊娠にまつわる正しい知識を特に若い世代の男女に広めることが非常に重要です。

現在の日本では出産前に結婚を考えなければなりません。

妊娠を希望してから妊活をスタートする迄にかなり時間がかかる人も多いはずです。

卵子老化の事実を知っていれば違う行動をとっていた、と後悔する人を少しでも減らし、
妊娠する為の正しい努力を適正なタイミングで始められるようにすることが
何よりも必要ではないでしょうか。

厚生労働省は葉酸を推奨

またここ25年で、日本では二分脊椎症と無脳症の先天性異常の出生が倍増している
ことを受け、厚生労働省は2000年より、妊娠を計画している女性及び妊産婦に対して
1日あたり400μg以上の葉酸の摂取を奨励するようになりました。

更に葉酸は精子の染色体異常を軽減するという記事を米国カリフォルニア大学
バークレー校が発表しており、パートナーの男性も摂取が望ましでしょう。

葉酸を摂取すると妊娠しやすくなる、卵子の老化を遅らせる、というわけではありませんが、
少しでも先天性奇形を予防し、妊娠に望ましい健康状態にするという意味で
摂取が推奨されています。

妊娠前後の女性と妊婦に葉酸が推奨される3つの理由
  1. 核酸の合成に働くビタミンである

    葉酸はたんぱく質や核酸の合成に働き細胞の生産や再生を助ける栄養素です。

    特に核酸は細胞の核の中にあり、遺伝情報に深く関わっているところ。

    生命の根幹ともいえます。

    葉酸の欠乏は細胞の分裂や成長、DNA形成阻害につながるので、

    細胞分裂を繰り返し盛んに成長する胎児にとっては非常に重要な栄養素なのです。

  2. 造血ビタミンである

    葉酸は水溶性ビタミンB郡の一種で、ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助けています。

    母乳は母親の血液が原料になりますので、特に授乳期の母親には葉酸が大事な栄養素となります。

  3. 胎児の神経管閉鎖障害発症リスクを軽減する

    神経管閉鎖障害とは妊娠初期に脳や脊椎を形成する神経管が正常に形成されない先天異常。

    諸外国での疫学調査によって、葉酸摂取がこの先天異常の発症リスクを低減させることが
    分かっており、米国、オーストラリア、中国等約10カ国で摂取が推奨されています。

尚、葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で水に溶けやすく熱に弱い性質を持っていること、
また食事性葉酸の吸収率は低いため、国は栄養補助食品(サプリメント)での摂取を推奨しています。

葉酸は水溶性で尿中に排出されるため、過剰摂取による疾患は認められていません。

更に、先天性異常の多くは妊娠10週以前に発生することから多くの研究報告と諸外国の
対応では、葉酸の摂取時期は少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月迄としています。

 葉酸サプリの安全性をチェック

あなたはどのような基準でサプリメントを選んでいますか?

妊娠を意識したら、妊娠前から摂っておきたい葉酸サプリですが、安心安全なサプリメントを
選ぶ為には、いくつかチェックしておきたい注意点もあります。

もし、あなたが葉酸サプリの選び方にお悩みなら、以下のチェック項目を参考にしてください。

チェック項目 1日0.4rの葉酸が摂取できますか?

チェック項目 ビタミンB6、B12、Cが配合されていますか?

チェック項目 葉酸と各種栄養素が過剰摂取になりませんか?

チェック項目 危険な添加物が使われていませんか?

チェック項目 妊婦には危険な材料が使われていませんか?

チェック項目 放射性物質検査は実施されていますか?

チェック項目 GMP審査合格工場で製造されたサプリですか?

チェック項目 無臭に近い小粒サイズの飲み易いサプリですか?

妊娠中は上記チェック項目を満たしていることが最低限必要だと考えます。

安全基準を満たした葉酸サプリを選びました

妊婦さんでも安全なサプリメントです!

妊娠を意識したら、妊娠前から摂っておきたい葉酸ですが、多くのサプリを調べると、特に妊娠中は避けたい成分が配合されたものもありました。

安心な妊娠生活を送るためにも安全基準の確認はお忘れなく。 

管理人が市販の葉酸サプリの配合成分や製造工場、飲み易さなどを総チェック!

安心安全なおすすめのサプリメントを厳選しました。

赤い矢印 安心安全な葉酸サプリの選び方